Back

春日部中学校 沿革

昭和22年 4月 1日 学校改革により春日部町立春日部中学校として創立、初代校長,佐藤 亨氏就任。
昭和22年 5月 1日 現粕壁小学校に併設、開校式を行う。
昭和23年 4月 1日 第2代校長・日向 氏就任。
昭和25年 2月 1日 第1校舎落成、粕壁小学校より移転。
昭和26年 3月15日 第2、第3校舎落成、文部省より施設優良校として表彰を受ける。
昭和26年 4月 1日 県教委より職業、家庭科研究を委嘱される。
昭和27年 3月20日 職業、家庭科研究発表を行う。
昭和27年 6月17日 文部省より産業教育研究を委嘱される。
昭和29年 7月 1日 市制施行により春日部市立春日部中学校と校名を変更。
昭和30年10月20日 文部省指定産業教育研究発表を行う。
昭和31年 3月     国旗、校旗掲揚柱設置。
昭和34年10月 2日 優良子ども銀行として大蔵大臣賞受賞。
昭和34年11月25日 学校図書館落成。
昭和35年 4月     県教委より外国語(英語)研究を委嘱される。
昭和35年 9月28日 プール完成、落成式。
昭和36年 4月 1日 人事異動により日向 氏勇退。第3代校長に原田一氏就任。
昭和36年 4月     学校図書館研究発表を行う。
昭和38年11月27日 県教委指定外国語(英語)研究発表を行う。
昭和41年12月16日 火災により第1校舎、体育館を全焼する。
昭和42年 4月15日 第1校舎、体育館の建築に着工。
昭和42年12月26日 第1校舎鉄筋コンクリート造、体育館落成。
昭和43年 4月 1日 人事異動により原田一氏勇退。第4代校長に青鹿一郎氏就任。
昭和44年12月     校庭(3,000u)拡張。
昭和46年 3月15日 校歌記念碑並池完成。
昭和46年 4月 1日 人事異動により青鹿一郎氏転任。第5代校長に森又三氏就任。
昭和46年11月28日 県視聴覚教育研究大会を行う。
昭和47年 2月     図書館前造園。
昭和48年 5月10日 第2校舎(増築12教室)落成。
昭和48年11月15日 人事異動により森又三氏勇退、春日部市教青委員会教育長に就任。
               第6代校長に青木琢也氏就任。
昭和49年 3月29日 第2校舎増築(教室4、特別教室3、その他)落成。
昭和50年 2月20日 第3校舎増築(技術科、金工、木工、実習室)落成。
昭和51年 4月 1日 人事異動により青木琢也氏転任。第7代校長に横田繁氏就任。
昭和51年 4月27日 希望像建設。
昭和51年 6月15日 正面玄関改築(職員、来賓用、靴箱)。
昭和52年 4月 1日 大沼中学校新設分離。
昭和52年 4月 1日 人事異動により横田繁氏転任(入間教育事務所長)。第8代校長に関根幸夫氏就任。 
昭和52年 4月     県理科教育研究会の研究委嘱を受ける。
昭和52年11月     中庭(春日山)造園。
昭和52年12月 7日 正門及び西門記念植樹。
昭和53年11月16日 埼玉県理科教育研究発表を行う。
昭和54年 3月17日 創立30周年記念事業(校庭周囲のサーキットトレーニングコース、植樹、正門旗掲揚柱、
               正門校名札他並記念式典)。
昭和54年 4月 1日 人事異動により関根幸夫氏勇退。第9代校長に横田繁氏就任。
昭和55年 5月30日 県教委、市教委より55、56年度教育課程、学習指導の研究委嘱される。
昭和55年 8月23日 第1校舎屋上全面防水工事。
昭和55年8、9、10月 校庭土盛・整地、排水工事。
昭和55年10月16日 校庭植樹。
昭和55年11月19日 国立教育研究所より55、56年度環境教育研究協力校に委嘱される。
昭和56年 2月19日 県教委、市教委研究委嘱中間発表を行う。
昭和56年  4〜5月 中庭「緑の広場」の造園。防球ネット設置。
昭和56年 5月13日 文部省より56、57年度教育課程・学習指導(国語、理科、音楽)の研究委嘱される。
昭和56年11月10日 中庭に「飛翔」の塔建立。
昭和57年 4月 1日 人事異動により横田繁氏転任(県立教員養成所長)。第10代校長に深井亀雄氏就任。
昭和57年 8月 9日 第1校舎昇降口改修工事。
昭和58年 3月 5日 昭和56・57年度文部省研究指定校、中学校教育課程研究誌にまとめる。
昭和60年 4月 1日 人事異動により深井亀雄氏勇退。第11代校長に栗原安治氏就任。
昭和61年 3月 1日 石製ベンチ寄贈(昭和60年度卒業記念)
平成 元年 2月25日 重層構造3階建新体育館並びにプール落成。
平成 元年 4月 1日 人事異動により栗原安治氏勇退。第12代校長に横川孝好氏就任。
平成 元年 4月15日 南門校章入り門扉・生垣フェンス完成。
平成 元年 5月     職員駐車場(40台分)と周囲花壇工事完成。
平成 元年 7月     職員玄関東側、用務員室として規模替え工事完成。
平成 元年 8月 2日 給食室新築工事完成。
平成 元年 9月 4日 調理業務民間委託・自校方式による学校給食開始。
平成 元年 9月15日 校庭大改修工事完成・野球バックネット新築工事完成。
平成 元年10月     生徒用駐輸場(600台収容)完成。
平成 元年11月     鉄棒(高低自在方式)2箇所・砂場新設完成。
乎成 2年 3月     防球網新設(職員駐草場南・東部)。正門南側フェンス撤去、生垣(山茶花・サツキ)設置。
               第43回卒業記念寄付・金張り大型校章体育館外壁設置。
平成 2年 6月 1日 市教委より平成2・3年度道徳・特別活動の研究委嘱される。
平成 2年11月30日 市教委研究委嘱中間発表を行う。
平成 3年 3月     第44回卒業記念寄付・校庭放送施設設置。正門南側生垣(山茶花・サツキ)完成。
平成 3年 4月 1日 人事異動により横川孝好氏勇退。第13代校長に船川茂氏就任。
平成 3年 9月     第1校舎大規模改修。(   〜平成4年2月)
平成 3年11月13日 市教委研究委嘱研究発表を行う。
平成 4年 3月     第45回卒業記念寄付、職員玄関わき庭園枯山水「仲間」完成。
平成 4年 4月     春日部中学校区「青少年を育てる会」発足。
平成 4年11月     コンピュータ21台導入。
平成 4年6月〜12月 第2校舎大規模改修。
平成 5年 3月     第46回卒業記念寄付、職員室前庭園枯山水「和」完成。
平成 5年 4月14日 県教委より平成5、6年度生徒指導の研究委嘱される。
平成 5年 4月30日 市教委より平成5、6年度生徒指導の研究委嘱ざれる。
平成 6年 2月17日 県、市教委研究委嘱中問発表を行う。
平成 6年 3月     第47回卒業記念寄付、職員玄関前庭園「友情」完成。
平成 6年 4月     T.T.(ティームティーチング)数学科で実施。
平成 6年 4月     青少年を育てる会寄贈、横断幕完成「勉強に、スポーツに、全力投球を」。
平成 6年 4月 1日 県社会福祉協議会より平成6、7、8年度社会福祉協力校に委嘱ざれる。
平成 6年 6月10日 県知事より科学技術推進校に委嘱ざれる。
平成 6年10月26日 県中体連第19回中学校体育授業研究を行う。
平成 6年11月 4日 県、市教委研究委嘱生徒指導本発表を行う。
平成 7年 3月     気象衛星「ひまわり」受信システム設置。
               第48回卒業記念寄付、体育館前庭園「情熱」完成
平成 7年 4月 1日 人事異動により船川茂氏勇退。第14代校長に落合三郎氏就任。
平成 7年10月27日 関東甲信越地方放送・視聴覚教育研究合同大会埼玉大会公開授業を行う。
平成 8年 2月16日 学校教育放送利用埼葛地区研究協議会を行う。
平成 8年 3月     第49回卒業記念寄付、デジタル大型時計およびテント2張。
平成 8年 4月 1日 市教委より平成8、9年度環境教育の研究委嘱される。
平成 8年 4月     青少年を育てる会寄贈、横断幕完成「がんばれ!!春中生」
平成 8年 6月     災害用貯水槽、備蓄倉庫の設置。
平成 8年 7月     市生涯学習学校開放講座開始。
平成 8年11月16日 創立50周年記念式典挙行。
平成 9年 3月     タイムカブセル埋蔵。
平成 9年 3月     第50回卒業記念寄付、デジタル大型時計2台。
平成 9年11月-10年3月 校庭改良工事
平成10年 3月     第51回卒業記念寄付、テント2張。
平成11年 3月     第52回卒業記念寄付、拡大コピー機1台。
平成12年 3月     第53回卒業記念寄付、日時計。 立志庭完成。
平成12年 4月 1日 人事異動により、落合三郎氏勇退。第15代校長に植竹英生氏就任。
平成12年11月10日 関東中学英語教育研究協議会・関東音楽教育研究会埼玉大会の研究授業を行う。
平成13年 1月 6日 吹奏楽部「第18回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞を受賞。
平成13年 3月     第54回卒業記念品寄付、学校沿革史表示板。
平成13年11月24日 全日本マーチングフェスティバルグッドサウンド賞を受賞。資金集めに「勝手に応援し隊」が
               バザーを開催。
平成14年 1月19日 吹奏楽部「第19回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞2連覇。
平成14年 3月まで  ボランティア活動が盛んになる。セーバスの募金活動が新聞に。金山賞の発行3,000人を
               超える。
平成14年 4月 1日 人事異動により、植竹英生氏勇退。第16代校長に松本利男氏就任。
平成14年 7月28日 マーチングバンド世界大会ジュニア部門第1位(幕張メッセ)。
平成14年10月 1日 自主の扉をひらく「ノーチャイム」の開始。
平成14年11月 5日 セーバスの募金活動へのお礼のためジブチ共和国参事官が本校を訪問。
平成15年 1月18日 吹奏楽部「第20回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞3連覇。
平成15年 3月     第56回卒業記念品寄付、緋毛氈。
平成15年 4月 1日 二学期制の試行。市教育委員会より平成15、16年度教育課程の研究を委嘱される。
               文部科学省より平成15、16、17年度研究開発学校の指定を受ける。
平成15年 7月18日 青少年赤十字(JRC)加盟。
平成15年 8月 4日 オーストラリア・オールドリッジ校と姉妹校提携。
平成15年12月20日 吹奏楽部「第21回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞4連覇。
平成16年 3月     第57回卒業記念品寄付、スクリーン(体育館アリーナ)。野球バックネット大規模工事完
               成。
平成16年 4月     県教委より生徒指導推進モデル校として委嘱される。
平成16年 5月15日 スポーツ環境保全(エコフラッグ)加盟。
平成16年 6月12日 修学旅行初日、世界遺産の薬師寺で「ソーラン節踊り」を披露。テレビ全国紙等で報道さ
               れる。
平成16年 8月22日  第34回全国中学校バスケットボール大会で、準優勝の快挙(男子バスケットボール部)。
               11,829校中のbQ。
平成16年 9月14日 姉妹校オールドリッジ校から生徒18名、教師・保護者8名来校。ホームステイや授業等で
               交流。
平成16年11月26日 二学期制に伴う「豊かな学びと育ち」の教育課程の研究発表。
平成16年12月18日 吹奏楽部「第22回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞5連覇。
平成17年 3月     第58回卒業記念品寄付、優勝杯展示戸棚一式。
               PTA、部活動育成会、制服リサイクルより懸垂幕昇降装置取り付け。
平成17年 4月 1日 日本赤十字社埼玉県支部より平成17・18年度、埼玉県青少年赤十字研究推進委嘱を
               受ける。
平成17年 8月19日 姉妹校オーストラリア・オールドリッジ校へ訪問(生徒、保護者、教員、地域の方30名)。
平成17年11月11日 優れた教育活動に取り組んでいる団体や個人を表彰する第36回博報賞(博報児童教育
               振興会主催)を県内の学校として、10年ぶりに受賞。
平成17年11月20日 吹奏楽部「第33回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞6連覇。
平成17年11月22日 文部科学省指定研究開発学校(平成15〜17年度)
               春日部市教育委員会研究委嘱校(平成15年〜17年度)として、「小・中の教育課程の接
               続を視野に入れた研究」をテーマに本発表を行う。
平成18年 3月     第59回卒業記念品寄付、飾り棚一式。
平成18年 4月 1日 人事異動により、松本利男氏勇退。第17代校長に山西実氏就任。
平成18年 4月     文部科学省より、平成18〜20年度研究開発学校の指定を受ける。春日部市教育委員会
               より、平成18〜20年度小・中連携を視野に入れた教育課程、指導法の工夫、改善の研
               究を委嘱される。
平成18年 9月26日 姉妹校オールドリッチ校から生徒20名、教師・保護者来校。ホームスティ・授業交流。
平成18年10月 2日 キャセドラル・カレッジ訪問
平成18年11月19日 吹奏楽部「第25回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞7連覇。
平成18年11月22日 文部科学省平成18〜20年度研究開発校指定研究自主発表を行う。
平成19年 2月 8日 平成17、18年度、埼玉県青少年赤十字研究推進委嘱研究発表を行う。
平成19年 3月     第60回卒業記念寄付、電波時計一式。
平成19年 7月27日 姉妹校オールドリッチ校へ訪問(生徒、保護者、教員、地域の方30名) 
平成19年11月20日 文部科学省平成18年度〜20年度研究開発校指定研究自主発表を行う。
平成19年12月15日 吹奏楽部「第26回マーチングバンド・バトントワリング全国大会」で金賞8連覇。
平成20年 3月     テニスコート新設。第61回卒業記念寄付、演台カバー一式。
平成20年 4月 1日 人事異動により、山西実氏勇退。第18代校長に岩崎明良氏就任。
平成20年 9月     姉妹校オーストラリア・オールドリッチ校から生徒15名、他4名来校。オーストラリア・オールドリッジ校と姉妹校提携。
平成20年11月     文部科学省指定研究開発学校「小学校に英語科を創設した場合の系統性をもった小学
               校・中学校9か年の英語科教育課程の創造」をテーマとして本発表を行う。
平成21年 3月     第62回卒業記念寄付、テント2張。
平成21年 4月     県教委より「学校の組織運営に関する調査研究(21年度)」をテーマとする研究委嘱を受
               ける。             
平成21年 4月     市教委より「学力向上に関する研究(平成21・22年度)」をテーマとする研究委嘱を受ける。平成22年
               3月第63回卒業記念寄付、視聴覚機器一式
平成22年 4月     県教委より「学校の組織運営に関する調査研究(22年度)」をテーマとする研究委嘱を受
               ける。
平成22年 7月     姉妹校オルドリッジ校へ訪問(生徒、保護者、教員、地域の方20名)
平成22年12月     姉妹校オルドリッジ校から来日。
平成22年10月28日 春日部市教育委員会研究委嘱校(平成21・22年度)として「生きる力がみなぎる教育の創造」をテーマに
               本発表を行う。
平成23年 3月11日 東日本大地震16:46頃 震源は三陸沖宮城県男鹿半島の東南東130km付近 
               規模は震源の深さ約24km マグニチュード9.0 春日部市の震度5強(宮城県北部震度7)。
平成23年 3月     第64回卒業記念寄付、液晶プロジェクター2台、スクリーン1張。
平成23年 4月 1日 人事異動により、岩崎明良氏勇退。第19代校長に大塚和彦氏就任。
平成23年 4月     県教委より「学校の組織運営に関する調査研究(23年度)」をテーマとする研究委嘱を受
               ける。
平成23年 6月     図書室へエアコン設置。(PTA,同窓会による寄付)
平成23年 8月     姉妹校オールドリッジ校へ訪問(生徒、保護者、教員、地域の方20名)
平成23年10月     第1校舎耐震補強工事終了。
平成24年 3月     第65回卒業記念寄付、図書室書棚2台。回転式書棚1台。
平成24年 9月     姉妹校オルドリッジ校から来日。
平成24年10月     第2校舎耐震補強工事終了
平成25年 3月     第66回卒業記念寄付、多目的雛壇三段1組 5台
平成25年 7月     姉妹校オールドリッジ校へ訪問(生徒、教員、地域の方27名)
平成25年11月22日 春日部市教育委員会研究委嘱校(平成24・25年度)として「学力向上を目指し、豊かな心を育む生徒の育成」を
               テーマに本発表を行う。
平成26年 3月     第67回卒業記念寄付、多目的雛壇三段1組 5台
平成26年 4月 1日 人事異動により、大塚和彦氏勇退。第20代校長に安野達也氏就任。
平成26年 8月     陸上部・水泳部全国大会出場。
平成26年 9月21日 姉妹校オーストラリア・オールドリッチ校から生徒18名、他5名来校。
平成27年 3月     第68回卒業記念寄与、レクチャーアンプ一台。
平成27年 8月     水泳部全国大会出場。
平成27年12月     吹奏楽部「第43回マーチングバンド全国大会」で金賞。
平成28年 1月     体育館耐震補強工事完了。
平成28年 3月     第69回卒業記念品寄与、ポータブルアンプ、チューナーマイクセット 一式
平成28年 4月 1日 人事異動により、安野達也氏勇退。第21代校長に小林学氏就任。
平成28年 4月〜   通常学級エアコン設置工事(30箇所)実施。7月1日稼働開始
平成28年 8月     コンピュータ室 コンピュータ入れ替え工事。
平成28年 8月17日  第56回全国中学校水泳大会 男子総合4位(水泳部)
平成28年 9月17日 第71回関東合唱コンクール 合唱部 銀賞受賞
平成28年 9月19日 姉妹校オーストラリア・オールドリッジ校来校 生徒16名、他3名
平成28年12月 3日 「第30回毎日カップ中学校体力づくりコンテスト」で文部科学大臣賞を受賞。
平成28年12月 7日 第44回マーチングバンドバトントワリング全国大会 吹奏楽部 金賞受賞
平成28年12月26日 「子供と家族 若者応援団」表彰にて、内閣府特命担当大臣(加藤国務大臣)賞を受賞。
平成29年 3月    第70回卒業記念品寄与、ステージバック幕 一式   

Back